楽観的な男性と悲観的な女性 結婚に対する男女の考え方を知り婚活を成功に導く!

368d9ff3ef1ef6d770278ed9be05b3c0_m

楽観的な男性と悲観的な女性 結婚に対する男女の考え方を知り婚活を成功に導く!

婚活をしているとき、男女の考え方の違いを理解することで、婚活をスムーズに進めることができます。
特に、男女の考え方の大きな違いとして、「将来に対する考え方」が、最も異なってきます。

男性は楽観的に考えがちで、女性は悲観的・現実的に考えてしまい、なかなか結婚に結びつくことはできません。

男女の考え方の違いとその対策を解説していきます。

男性はもっと将来像について具体的に考える。

男性側は結婚や将来に対して楽観的であるために、女性側から見ると、「頼りなく」「将来に不安」を感じてしまいます。

そのため、男性側は、結婚した後の将来像を、もっと具体的に考える必要があります。

「子供は何人ほしいか?」
「マイホームは何歳の時までに購入したいか?」
「妻には共働きをしてもらうか?専業主婦にしてほしいか?」

そのために収入は、何歳までにどれだけ稼ぐ必要があるのか?
また、どれだけ貯金をしなければならないか?

男性は結婚した後、家庭内で金銭面でのリーダシップを取らなければならない立場になります。

それは、婚活をしている場面からスタートします。

結婚資金はいくらあるのか?予算はいくら必要か?
など、現実的な計画を立てて、結婚準備をリードしていく役目になります。

そのため、行きあたりばったりでは、女性も不安に思ってしまいます。

逆にきちんと計画的に実行している姿を見ると、女性は頼もしく思い、スムーズな結婚に結びつくことができるでしょう。

女性はもっと楽観的に、人格否定はやめる。

女性は男性に比べて将来に対して良い言葉でいえば「現実的」に考える傾向にあります。
家庭に入れば、家計のやりくりをする立場になり、子どもの教育費や日常的な食費についてリードする立場になります。

しかし一方で、結婚生活は、順風満帆なわけではありません。
特には夫婦にとって逆風が吹くことあるでしょう。

旦那さんも、いまは順調なサラリーマンでも突然、リストラに遭うかもしれません。
人生は計画通りに行かないものです。

そのような時、女性は時として、パートナーの人格否定に陥ってしまいます。
「ダメな男」
「甲斐性のない旦那」
など、人格否定の言葉を投げてしまいがちです。

しかし、うまくいかない理由はパートナーの人格が悪いわけではありません。
状況がたまたま悪かった場合や、タイミングが悪かった場合もあります。

人格否定に走る前に、一呼吸を置いて、冷静に状況分析してみてはいかがでしょうか?

男性も女性も結婚について深いところまで話し合うことでうまく行く

よりよいパートナーを見つける方法として、結婚について、どこまで深く話し合いができるか、どうかに尽きると思います。

「将来どのように考えているの」
という問いに対して、

男性は逃げずにきちんと話ができるように、常日頃より、具体的な将来像を考えて行動していきましょう。
女性は、口ごもってしまう男性に対して、「ダメだ」と思わずに、時間をかけてじっくりと話しを進めていきましょう。

そうすることで、よりよいパートナーを見つけることができるし、また、よりよい結婚生活を送ることができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ